ナイトブラはバストアップに効果あり?クーパー靭帯のケア方法!

バストアップ

皆さんはバストアップの鍵とされる「クーパー靭帯」をご存知でしょうか?

クーパー靭帯は胸の乳腺、脂肪などを吊り下げている靭帯の事。

今回は、バストアップケアで必要なクーパー靭帯についてご紹介します。

バストアップに興味がある!と言う方は是非最後まで御覧ください。

クーパー靭帯とは?

乳房を綺麗な形に保っているのがこの「クーパー靭帯」クーパー靭帯は、コラーゲンを主体とした結合した組織のこと。このクーパー靭帯は、乳腺組織や脂肪組織を脇や背中に流れないように膜状に組織し、乳房の丸みを作っている組織なんです。

バストアップでこんなお悩みがありませんか?

「バストが垂れてきた・・」「バストにハリがない・・」「胸の大きさが左右違う・・」など感じたことはありませんか?もしかしてそれは、ノーブラで過ごしているからかも。クーパー靭帯は、一度切れてしまうと元に戻りません。とても貴重な組織なんです

クーパー靭帯は切れると元に戻らない!

クーパー靭帯はゴムのような組織。ゴムを伸ばしすぎるとすぐに、ダルダルになってしまいませんか?それと同じで、クーパー靭帯は重力に弱く、終身時の重力で靭帯が切れてしまい、ダルダルになってしまいます。その結果、下に垂れてしまい「垂れてしまった乳房」になってしまいます

つまり、クーパー靭帯のケアが必要!

クーパー靭帯が正常であれば、上向きの綺麗なバストを維持することが出来ます。では、どのようにケアすれば良いのでしょうか?クーパー靭帯が切れる要因をご紹介したいと思います。

運動時

激しい運動をした場合、胸が左右上下に揺れてしまい、クーパー靭帯に影響があります。スポーツの際は必ず、スポーツブラを着用しましょう。

加齢

食生活や加齢により、筋肉が弱くなり、クーパー靭帯が切れやすくなります。また、猫背や姿勢にも原因があります。25歳以降からケアが必要になります。

急な胸の成長

思春期/授乳期は胸が引っ張られ、クーパー靭帯が切れる要因に。かならず、ナイトブラを付け、胸を守りましょう。

就寝時

就寝時にノーブラで過ごしていませんか?

通常のブラは、下の重力にしか耐えられない構造になっていますが、なんとナイトブラは、横からの重力にも耐えれる構造になっています。仰向けで寝ている場合、横の重力が掛かりますので、押しつぶされるため、背中に流れてしまいます。

横向きで寝ている人は、逆に横向きに流されてしまうので左右のおっぱいが違う・・と感じる方はこちらのタイプかも。

クーパー靭帯のケア方法とは?

ナイトブラを使う

睡眠中は寝返りなどで、バストが左右上下に動く状態。そこで、360度バストを守るナイトブラが鍵となります。

 

胸筋を鍛える

バストを下から支える土台をしているのが、この「大胸筋」や「小胸筋」などの胸筋。

鍛える事で、クーパー靭帯のケアをする事ができます。

切れてしまったクーパー靭帯を復活させる方法は?

現在の医学の中では、豊胸手術などいろいろありますが、1つだけ”復活”をさせる方法があります。

それは、「光豊胸」と言われているバストアップ施術です。

光豊胸とは、特殊な光を胸に当てて、バストアップする方法です。一般的には、バストアップマッサージを受けた後に、この特別なライトによって、バストの脂肪細胞や胸を支えるクーパー靭帯を強くします。特殊な光であたためて、血流やリンパの流れをよくすることで、脂肪細胞が栄養を取り込みやすくなり、胸が大きくなる仕組みです。

しかし、費用は30万と高額なため、普段からナイトブラなどでケアをしていた方が良いでしょう。

オススメのナイトブラは?

PGブラ(PG-Bra)

寝てる時でもバストアップができるバスト専用サロン「P-Grandi」監修の「PGブラ(PG-Bra)」は、脇高構造で脇肉・背肉をしっかりホールドしてくれる育乳ブラ。クロス構造ベルトがバストを広げずしっかりキープでき、デザインもとても可愛いとお客様満足度 NO1に輝いたナイトブラなんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました